妊娠中は脇が黒ずみやすい!ピューレパールを使っても大丈夫?

妊娠中は脇が黒ずみやすい!ピューレパールを使っても大丈夫?

 

妊婦

 

妊娠で脇が黒ずむこともあるのです。

 

妊娠すると母体に多くのメラニンが作られるようになるのが知られています。

 

一時的に脇・乳輪・脚の付け根の色が濃くなることが多くなるのだそうです。

 

しかし、これも産後1〜2年ほどかけて薄くなることがほとんどということです。

 

そのときは心配していても産後の子育ての間に気にならなくなりますよ。

 

落ち着いた頃には黒ずみがなくなっていることが多いのです。

 

妊婦さんにとって、身体の黒ずみに悩む女性は意外と多いことでしょう。

 

そんな黒ずみ対策として誕生したピューレパールは、脇だけではありません。

 

体の様々な部位の黒ずみに使用する事が出来るのです。

 

女性の場合ですが、妊娠すると黒ずみが普段よりも目立つようになります。

 

妊婦さんなら妊娠線が気になるようになるものですよね。

 

そこで気になるのがピューレパールは、妊娠中にも使用する事が出来るのかってことです。

 

 

妊娠中は使わないほうがいい

 

ピューレパールは、敏感肌の助成でも使えるように無添加、低刺激にこだわって作られています。

 

そのため妊娠中でも使えるのでは?と思うことでしょう。

 

しかし、妊娠中というのは想像以上に肌が敏感になっているものです。

今まで刺激を感じなかったものや反応しなかった成分でも赤みや痒み、発疹などが出てしまう事もあります。

 

ピューレパールは、低刺激で肌に優しい製品です。

 

しかし、妊婦さん専用の商品ではないのです。

 

そのためピューレパールの公式サイトでも、妊娠中の使用は医師に相談をするようにと書かれているのです。

 

ピューレパールの成分をみると、お腹の赤ちゃんに影響を与えるような成分は配合されていません。

 

妊娠に気がつかなくてピューレパールを使っても、胎児への影響を心配しなくてもいいでしょう。

 

それでも、万が一の事を考えて、妊娠中の使用は控えた方が賢明ですね。

 

 

妊娠中の脇の黒ずみがヤバイ!

 

妊娠中はホルモンの影響でメラニンが増加しやすくなります。

 

そうして、黒ずみが目立ってしまうのです。

 

しかし、ピューレパールを使うことで出産後のケアもばっちりです。

 

ピューレパールは、黒ずみの予防だけではないんです。

 

すでにできてしまった黒ずみの解消にも効果を発揮する製品だからです。

 

肌がいつもより不安定でデリケートになる妊娠中はできるだけ、ピューレパールを使うのは控えて出産後からケアを開始しても大丈夫です。

 

それでもしっかりと、黒ずみを解消する事が出来ますよ。

 

ピューレパールには、美白成分やターンオーバーをサポートしてくれる成分が豊富に配合されています。

 

ですから、気になる黒ずみにしっかりとアプローチしてくれるのです。

 

妊娠中の黒ずみってハンパないくらい大きくなるので、果たしてこれがもとに戻るのか不安になりますよね。

 

ピューレパールの安心成分

 

ピューレパールは、脇・デリケートゾーンなど、黒ずみが気になる部分に塗ることで肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

白く綺麗な肌に生まれ変わることをサポートしてくれるジェルタイプの化粧品なのです。

 

 

ピューレパールの成分

 

ピューレパールのメインの有効成分は美白効果のある「水溶性プラセンタ」と抗炎症効果のある「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

 

プラセンタはビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が含まれていいます。

 

それが、メラニンの生成を抑える働きを持っているのです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物の根や茎から抽出しています。

 

カミソリ負けを防いだり肌のダメージを回復する働きがあるのです。

 

保湿効果があるのは3種類のヒアルロン酸、さらには3種類のコラーゲン、そして3種類のセラミドからなる「トリプルうるおい成分」なのです。

 

公式サイトがお得↓

page top