脇のブツブツは脱毛が原因?つるんとした脇を手に入れる方法とは?

脇のブツブツは脱毛が原因?つるんとした脇を手に入れる方法とは?

 

 

脇の黒ずみ、毛穴のぶつぶつには大きく分けて3つの原因があるんです。

 

それは「毛穴の汚れや詰まり」「埋没毛」「色素沈着」です。

 

脇の黒ずみやブツブツで悩んでる人は、どれも一度は耳にしたことがあることでしょう。

 

やっかいなことに、見た目をきれいにするための自己処理や、臭いを抑えるための制汗剤は、それを良かれと思ってやっていることが脇の黒ずみや毛穴のぶつぶつにつながりやすいんです。

 

これは何とも困ったものですよね。

 

それでは、できてしまった黒ずみやぶつぶつは二度と消せないのかってことになるんです。

 

でも、そんなことはないんですよ。

 

脱毛によって、黒ずみやぶつぶつを解消する可能性だって否定できません。

 

ここでは、脇の黒ずみやぶつぶつの原因と、脱毛などで脇が綺麗になる仕組みを具体的に見ていきますね。

 

 

毛抜きや脱毛器で抜くのはNG

 

脇の黒ずみ、そして毛穴のぶつぶつには大きく3つの原因があるんです。

 

埋没毛というのは、皮膚の下に毛が埋もれてしまっている状態を指します。

 

埋没しているんだからまさに、そのままの意味ですよね。

 

毛抜きやカミソリなんかできちんと処理したはずなのに、なんでこんなことになったんだろう…と頭を悩ませている人も少なくないでしょう。

 

ほんとうに困りものですよね。

 

実は、その埋没毛って自己処理の手順や方法を間違ったことによってできたんですよ。

 

毛抜きしての自己処理では、毛根からするりと毛が抜けてしまえばいいのですけどね。

 

そこから無理やり引っ張ることで、皮膚の中で毛がちぎれてしまうことがよくあるんです。

 

すると毛が伸びる方向を見失しなってしまって、毛穴から突き出ずに皮膚の下で変な伸び方をしてしまうんです。

 

それが結果的に埋没毛になってしまうということですね。

 

この埋没毛を防ぐためには、お風呂や蒸しタオルを利用します。

 

脇の毛穴を温めて十分に開かせてから毛抜き処理をする必要があるんです。

 

次に、誤った自己処理が埋没毛の原因になるケースですね。

 

カミソリやシェーバーは、どれだけ安全に気をつけても結局は刃物にはかわりはありません。

 

力加減や角度によっては肌や毛穴を傷つけてしまう危険性は大いにあるんですよ

 

だからこそ、専用のジェルやソープなどを使って肌をカバーしたうえで脇毛を剃るようにしなくちゃいけないんです。

 

毛穴周辺が傷つくことで、その箇所を守って治すためにかさぶたができますからね。

 

そうなると、かさぶたによって毛が肌表面に出ることができなくなって、埋没毛になってしまうんです。

 

専門サロンやクリニックなどの脱毛と比べて、自己処理にはこんな危険性があるということなんです。

 

 

 

脱毛後のケアが大切

 

カミソリや毛抜きなどによっての自己処理を続けるとします。

 

そのままアフターケアもせずに放置するとどうなるでしょうか。

 

毛穴がダメージや乾燥によって開きがちになってしまうんです。

 

開きっぱなしの毛穴には汚れも溜まりやすくなります。

 

せっかく毛を処理しても黒ずみによって脇の見た目が悪くなってしまうんですよね。

 

これはなるべく避けたいところです。

 

毛穴の開きを防いで、脱毛による黒ずみ、そしてぶつぶつ解消効果を高めるために脱毛後のケアがとても大切なんです。

 

毛穴の開きの主な原因は、刺激と乾燥によって表面のバリア機能が失われることなんです。

 

それによって、、毛穴周りの皮膚がたるんでしまうんですよね。

 

そのため、脱毛後はそのような状態にならないようにしなくてはいけません。

 

一刻も早く保湿力の高いクリームやジェルで肌を保護してあげる必要があるんですよ。

 

脱毛によって自己処理の回数が減っても、毛穴が開いていると黒ずみやぶつぶつの解消効果も下がってしまうんです。

 

脱毛後だけでなく、乾燥が気になるときは随時保湿ケアを行いましょう。

 

そして、黒ずみやぶつぶつを確実になくしていきましょう。

 

公式サイトがお得↓

page top