目元のクマはマッサージで消える?実は悪化する可能性があるので注意!

目元のクマはマッサージで消える?実は悪化する可能性があるので注意!

 

 

こちらも直接的な対処法にはならないのですが…

 

目元の簡単なトレーニングで表情筋を鍛えたり,負担のかからない軽いマッサージを続けたりすることによってたるみクマの予防につなげられるのです。

 

両目を10秒ほど薄目の状態でキープし、そのまま両目尻の上部を指で押さえてみましょう。

 

そうして、軽く持ち上げ(キツネの顔真似の要領)ます。

 

そのような状態で両目を閉じて10秒ほど待つというトレーニング&マッサージを毎日続けます。

 

すると、目の下の脂肪を支える表情筋が鍛えられるといわれているのです。

 

また、マッサージをしたり目元を押さえたりするとき

 

力を強く加えすぎると逆に負担をかけてしまってシワなどを増やしてしまいます。

 

そのため、細心の注意を払って優しく行うようにしましょう。

 

また、これらの方法も目元がすでにたるんでしまった状態を解消できるものではないのです。

 

これは、あくまで予防&悪化防止の対策と考えたほうがよいでしょう。

 

目元の血流解消法

 

全身の血行が良くないときには、身体のあらゆる箇所にむくみが起こってしまいがちです。

 

目元のたるみなども、顔のむくみが原因で起こっている場合があります。

 

そのようなことから、そのときはストレッチを全身のむくみを解消するために行うことも効果的です。

 

たとえば、電車などで立っているときですが,背筋を伸ばしてつま先立ちの状態になるようにします。

 

それを何度か繰り返すだけでも、むくみ解消に役立つのです。

 

立ち仕事で疲れているときお酒を飲み過ぎた翌日など,そのようなときに行えば目元だけでなく全身をスッキリさせるために効果的でしょう。

 

ただし、この方法もやはり悪化防止や予防の側面が大きいのです。

 

そのため、目元のたるみの根本的な解消法にはなりません。

 

たるみを改善するというよりも「身体をしっかりほぐして、目元を含めた表情もスッキリさせる」程度の効果しか期待しないほうがよいでしょう。

 

ケア用品を使うだけでも十分

 

これまで紹介した、たるみクマのケア方法は主に予防と悪化防止がメインの対策です。

 

それが、美容医療でのたるみ治療は,目元のたるみやそれによるクマを根本的に解決する方法です。

 

原因に応じてさまざまな治療法が用意されています。

 

たとえば目元の皮膚が緩んでしまって、たるみを起こしているケースは、ヒアルロン酸を気になる部分に注入する方法です。

 

これで、たるみやクマを改善するのです。

 

また、皮膚がハリ不足でたるんでいる場合、リフトアップレーザーの照射によってコラーゲンの産生を促します。

 

そして、たるみを改善するレーザー治療も効果的です。

 

レーザー治療は大きな痛みや傷を伴いません。

 

肌への負担も少ないため現在人気のある治療法となっているのです。

 

美容医療でたるみを治療する方法は、以前は突出して目立っている眼窩脂肪そのものを除去する手術が知られてきました。

 

それが、今は手術ほど身体への負担や完治までの期間を要さないレーザー治療や注入による治療が主流になっています。

 

目の近くは皮膚が薄く敏感です。

 

血管や神経が多く集まっている箇所でもあるので、確実な治療を行える高い技術を持った医師に依頼するほうがとても大切です。

 

ここでは、目の下のたるみによって起こるクマの原因や表情への影響

 

そして、効果的な対処法について紹介しました。

 

たるみがまだ実感に至らず、クマが日によって気になる程度であれば化粧品や生活改善、マッサージなどによる対策で予防はできます。

 

しかし、すでにたるみが進行してしまって常時クマが目立つ状態でしたら、美容医療による確実な治療を検討してみるとよいでしょう。

 

その際は信頼できる医師によく相談しましょう。

 

そして、ご自分に合った治療を提案してもらうことが大切です。

 

公式サイトがお得↓

page top