肌が黒ずみやすい人と黒ずまない人の違いは遺伝だけなのか?他にもあった意外な理由

肌が黒ずみやすい人と黒ずまない人の違いは遺伝だけなのか?他にもあった意外な理由

 

 

肌の黒ずみに悩んでいる方も多いのですが、全く黒ずみで悩んだことがないという方もいるのではないでしょうか。

 

当たり前のように原因があって肌が黒ずむとは言われていますが、それでも黒ずまない人がいるのも確かです。

 

では、黒ずみやすい人と黒ずまない人では、一体肌にどんな違いがあるのでしょうか。

 

まず肌が黒ずみやすい人と黒ずまない人の大きな違いは遺伝だと言われています。

 

遺伝によっても関係している黒ずみですが、それだけではありません。

 

意外な理由として黒ずみやすい人には肌に過剰な刺激を与えている他に、睡眠不足なども関係しているのです。

 

遺伝が大きな理由ではないかと思っていた方もいるかもしれませんが、意外にも生活習慣が大きく関係しているのです。

 

睡眠不足になってしまうと新陳代謝が落ちてしまうので、肌の代謝も低下してしまいます。

 

そのため生成されたメラニン色素がそのまま排出されることなく肌に止まってしまうので、黒ずみへと変化してしまうのです。

 

もちろん遺伝等も大きく影響してしまうでしょう。

 

遺伝などによって黒ずみやすいのに、さらに睡眠不足が続いてしまうとより一層黒ずみやすくなってしまいます。

 

意外な理由ではありますが、体の代謝は肌の代謝にも関係しているので、黒ずみができやすい体質の方は、特に生活習慣にも気をつける必要があるのでしょうね。

 

 

肌が黒ずみやすい人の特徴

 

肌の黒ずみができやすい人には特徴などはあるのでしょうか。

 

実は肌が黒ずみやすい人は、肌の色が中間色もしくは色黒の方に多い特徴があります。

 

中間肌さんや色黒の方は、メラニン色素が生成されやすい特徴を持っています。

 

紫外線を受けて日焼けしやすい方は、特に黒ずみには注意が必要となるでしょう。

 

色白の方は紫外線によってメラノサイトが直接刺激を受けて活性化され、シミなどができやすいと言われています。

 

ですが中間色の肌の人や色黒の人はメラニン色素が作られやすい体質なので、ちょっとした刺激でも黒ずむ可能性が出てきます。

 

色白の人の方が黒ずみやすいイメージがありますよね。

 

実は逆で、色白の人は紫外線には弱いのですが、メラニンがあまり多くないので黒ずみは作られにくいのです。

 

逆に中間から色黒の方のほうがメラニンが多いので、刺激によって黒ずみが作られやすい特徴があります。

 

シミ等はあまり作られにくい中間肌から色黒の方ですが、黒ずみには悩まされる可能性があるということなのです。

 

自分の肌がどんな色なのか、そして色白でなければ黒ずみができやすいかもしれないと考えなければなりません。

 

黒ずみやすい人には必ず特徴があるので、特徴を確認して黒ずみができないように注意しましょう。

 

 

肌が黒ずまないようにできること

 

黒ずみやすい体質、そうでない体質にはそれぞれ色々な理由と特徴があります。

 

ですが絶対に黒ずんでしまうということではないのです。

 

黒ずみにはやはり原因があるので、できるだけその原因から回避できるように注意することが大切なのです。

 

まず黒ずみができないようにするための対処法から始めていくようにしましょう。

 

肌が黒ずまないようにするためには、刺激・感想などから肌を守れるようにします。

 

下着やムダ毛処理などで、常に肌が強い刺激を与えられていると黒ずみはできやすくなってしまいます。

 

また肌が乾燥状態になっていると肌のターンオーバーが乱れてしまうため、メラニン色素が排出されにくくなるので黒ずみになってしまいます。

 

他にも睡眠不足などで体の代謝が落ちてしまうと、乾燥状態と同じく肌の代謝も落ちてターンオーバーが乱れます。

 

黒ずみができる原因はたくさんあるのでまずは肌のケアを始めること、そして肌のために健康的な生活を送るようにすることが大切です。

 

肌が黒ずまないようにするのは、意外と簡単でもあり難しいものでもあります。

 

ですがそこまでしないと美肌は保てないので、努力なしでは手に入れることはできないのです。

 

まずは黒ずみケアからでも良いので、ケア用品を使いながら他の予防法も実践して黒ずまない肌を作りましょう。

 

 

公式サイトがお得↓

page top