妊娠中に脇の黒ずみが悪化するのはなぜ?産後は自然に消えるのか

妊娠中に脇の黒ずみが悪化するのはなぜ?産後は自然に消えるのか

 

 

妊娠すると、赤ちゃんの成長に伴ってお腹が膨らんでいきます。

 

それは当然なのですが、さらに、胸が大きくなったり全体的にふっくらと丸みを帯びた体になってくるのです。

 

体型に変化が起こるということですね。

 

加えて、平均して、妊娠20週の頃から、脇の下や乳首、乳輪、外陰部、足の付け根といった部分を中心として、体のあちらこちらに黒ずみや黒い線ができやすくなるのです。

 

お腹の中心にできる正中線なども黒ずみの一種ですよ。

 

脇のようなデリケートな部分の皮膚の黒ずみなど、恥ずかしくてなかなか人に相談できないと思います。

 

しかし、これらは約9割の妊婦さんに起こる生理的変化なのです。

 

 

ホルモンバランスの変化による色素の沈着

 

妊娠中に脇などに黒ずみができる原因

 

ホルモンバランスの変化による影響となります。

 

妊娠すると、出産までに女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が大量に分泌されます。

 

これらの女性ホルモンがメラニン色素を増やしていくのです。

 

そのため、色素沈着が起こりやすくなると考えられているのです。

 

特に、脇や乳首、乳輪、外陰部、さらには足の付け根はもともとメラニン色素が多い部分です。

 

そのため、より黒ずみが起こりやすい部分なのです。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化によって、肌のターンオーバーも正常におこなわれなくなります。

 

妊婦さんも普段より、シミやそばかすができやすいともいわれているのです。

 

妊娠中にできた脇や乳首、乳輪、外陰部、足の付け根の黒ずみですが、出産後はどうなるのでしょうか。

 

気になる人も多いと思います。

 

それは、ホルモンバランスが元に戻ることで、徐々に薄く目立たなくなります。

 

正確な期間は決まっている訳ではないのですが脇の黒ずみが治るまでに2年程掛かったという人もいます。

 

これについては、個人差があるため気長に待つようにしましょう。

 

 

妊娠中に悪化する理由

 

妊娠中に黒ずみが悪化するのか、女性ホルモンの分泌が過剰になるからです。

 

また、それ以外にも、手軽に脇毛処理をすることでも脇の黒ずみが妊娠中には悪化することがあります。

 

脇のお手入れで一番手軽なのがカミソリによるムダ毛処理ですね。

 

しかし、脇や外陰部はデリケートな部分ですから、カミソリを使うと皮膚に刺激を与えて傷付きやすいのです。

 

それによって、色素沈着・黒ずみの悪化の原因となります。

 

脇のムダ毛処理はできるだけ頻度を抑えるようにしましょう。

 

できるだけ、最低限に留めるということですね。

 

妊娠中はカミソリよりも皮膚に刺激を与えにくいことから、電気シェーバーの使用がおすすめです。

 

脇のお手入れの後は、保湿クリームやローションでケアするようにしてくださいね。

 

 

妊娠中もケアが必要

 

毎日の顔の保湿ケアと同様なのですが、黒ずみが気になる脇も保湿ケアを丁寧におこないましょう。

 

肌がカサカサして潤いがないと、摩擦が起こってしまい、色素沈着がしやすくなるのです。

 

また、妊娠中でも保湿ケアすることで、肌の新陳代謝・ターンオーバーが促進されます。

 

それによって、メラニンによる黒ずみができても、色素沈着がしにくくなるのです。

 

中には黒ずみ対策専用のクリームも販売されています。

 

妊娠中に使えるものでは、妊娠線予防クリームや低刺激のオーガニックボディクリームなどがよいでしょう。

 

なお、脇の黒ずみの解消には、妊娠中だけでありません。

 

産後も全身の保湿ケアは根気強く続けることが大切なのです。

 

黒ずみや妊娠線も徐々に目立たなくなります。

 

妊娠中は、それまでよりも食事の栄養バランスなどに気を遣わなくてはいけません。

 

脇などの黒ずみ解消には、ビタミンCやビタミンEを多く含む食べ物を意識して摂ると効果的ですよ。

 

 

 

 

公式サイトがお得↓

page top