ピューレパールはアトピーの黒ずみにも効果的?

ピューレパールはアトピーによる黒ずみにも効果がある?

 

アトピー性皮膚炎対策は、原因となっているアレルゲンが判明している場合では、それを取り除くことが最優先です。

 

スキンケアの視点から考えると、肌を清潔に保って保湿をすることです。

 

そういった意味では、ピューレパールは保湿効果が期待できるので、アトピー性皮膚炎による黒ずみの改善に効果があるかもしれません。

 

アトピーということで敏感肌の人にピューレパールを使ってもいいのかという気持ちもあります。

 

しかし、肌を刺激するような成分は入っていないので、使用すること自体に特に問題はありません。

 

口コミサイトなどでも、アトピー肌の人が、ピューレパールを使って症状が悪化したという話がなかったようです。

 

心配な人は、医師に相談するのがベストですね。

 

 

アトピーで黒ずむ原因

 

アトピーの症状を繰り返すことで、、肌が黒く色素沈着することがあります。

 

色素沈着など、アトピーで起こる見た目の変化といのも、アトピーの悩みのひとつと言えるでしょう。

 

アトピーでどうしてこのような黒ずみ(色素沈着)が起きるのでしょうか。

 

一つにはアトピー治療で使用するステロイド外用薬が原因という説もあります。

 

ステロイド外用薬は炎症を治す薬で、結果として治った後に色素沈着が起きることがあるのです。

 

「ステロイド外用薬を塗ると、色素沈着が起きて黒ずみが起こる」という噂が、ネットなどでよく見られます。

 

しかし、これは事実ではないのです。

 

いろいろな専門機関のサイトでも説明されているのですが、ステロイドによって肌が色素沈着するということはありません。

 

それでは、どうしてアトピー肌で黒ずむ原因はどういったものでしょうか。

 

一番の原因は炎症です。

 

「炎症後色素沈着」と呼ばれています。

 

やけどの後や、擦り傷などでかさぶたができた後、皮膚に色素沈着が起きているのを見たことがあるでしょう。

 

やけどの後や擦り傷の後の色素沈着、そして日焼けによって肌が黒くなることも、アトピーによって起きる「色素沈着」と同じメカニズムなのです。

 

アトピーの場合、炎症が長期間、繰り返し起きます。

 

メラニンが多く分泌されるので、肌が元の色に戻るまでには時間がかかる場合があります。

 

そして、黒ずみやシミとなって残る場合があるのです。

 

長期間の炎症や、繰り返される炎症で、メラニン色素が肌の「表皮」の奥の「真皮」にまで達し、ターンオーバーできなくなるからです。

 

メラニン色素を「真皮」にまで到達させないためには、炎症の期間を短くすることが大切です。

 

そのためには、炎症になる回数を少なくすることですね。

 

アトピーの場合、しっかりした保湿ケアを行って、炎症を引き起こさないことが大切なのです。

 

 

ピューレパールを使用する際の注意点

 

ピューレパールは継続してこそ、その効果を体現できます。

 

ですので、即効性を期待しないほうがいいのです。

 

ピューレパールを使っても、効果がすぐに出るものではありません。

 

最低2カ月は、ピューレパール使い続けることで肌の状態が変わってきます。

 

ネットでは「効果が出ない…」といった書き込みを見ることがありますが、黒ずみに確実に効果のある成分を配合しているので、使用しないよりは確実に効果が期待できます。

 

個人差があることと、効果を体現するのに時間がかかる…。

 

これが、ピューレパールを使用する上でもっとも大事な注意点と言えるでしょう。

 

長い目で、ピューレパールを使っていきたいですね。

 

そうなると、継続しようがピューレパールの使用の条件になりますが、ピューレパールは公式サイトで購入することで継続しようがかなり割安になっている点も見逃せません。

 

そして、肌に優しい成分を使っていますが、黒ずみをなくすということでそれなりの力を肌に働きかけます。

 

肌の弱い人にはそれが刺激となって肌荒れの原因となることもあります。

 

使用の際にはパッチテストなどもしっかり行ってからにしたほうがいいですね。

 

公式サイトがお得↓

page top